ブログ

遺品整理・生前整理・特殊清掃現場スタッフの、少しお役にたてればと思うブログです。

ブログ一覧

法定相続人がわかる一覧図を法務局が認証

平成29年5月から、法務局が法定相続人を示す一覧図を認証する制度が開始されました。法定相続情報証明制度

法務局が、戸籍を集めてくれる仕組みではありません。

自ら戸籍を集めなければならない点は、従来と同じです。

必ず用意する書類

①亡くなられた方の戸除籍謄本

出生から亡くなるまでの連続した戸籍謄本及び除籍謄本

②亡くなられた方の住民票の除票

③相続人全員の戸籍謄本又は抄本

④申出人(相続人の代表となって、手続を進める方)の氏名・住所を確認することができる公的書類

 

手続の流れ

①相続人が戸籍謄本等を収集。

②収集した戸籍謄本等をもとにして、法定相続人がわかる一覧図を作成し、法務局に提出。

③法務局において、登記官により確認。相続人に対して認証文付の一覧図の写しを交付。(交付手数料はなし)戸籍謄本等は還付され、一覧図は5年間法務局に保管。

④一覧図が戸籍謄本等の代わりとなり、相続人が官公庁、金融機関、保険会社などの手続を円滑に行えます。

 

不動産の相続登記にも、利用できます。相続登記をすることで、権利関係が明確になり、相続した不動産の売却を考えた時、スムーズに売却手続に進めます。

2017年08月16日

1本の電話が、人生を変えるかも

身内が孤独死してしまった、後悔の念。悲しく、苦しい状況で、やらなければならないことが、次から次へと押し寄せてきます。部屋の特殊清掃は、早急にやらなければならない。

大切なひとの遺品を見ると、悲しみがこみあげて整理ができない。

ゴミ屋敷になっているが、誰にも相談できない。自分ではどうにもならない。恥ずかしい。

 

どうしようか?どこに頼めばいいか?

ひとりで悩まないでください。

たった1本の電話で、あなたの悩みを軽く。

一日も早く平穏な日常に戻っていただきたい。

こころを整理し、人生を前向きに生きていくお手伝いをさせていただきます。

2017年07月25日

タンスから遺言書を見つけた

あなたが、仏壇やタンスの引き出しから、直筆の遺言書を見つけたら、

「今すぐ開けて、見たい」という思いをじっと我慢して下さい!

 

公正証書で作成された遺言書以外は、家庭裁判所に提出し、検認の手続をしなければなりません。

検認とは、遺言書に書かれている内容を明確にして、その後の偽造・変造を防ぐことです。

遺言書を勝手に開封してしまうと、5万円以下の過料になります。

気をつけましょうね。

うっかり開けてしまったら、遺言書はどうなるの?

遺言の効力や、相続の資格がなくなるわけではありません。

でも、開封しない方がいいですよね。

スピリットでは、大切な物の捜索も、基本サービスに含まれています。丁寧な仕分けで、ご満足頂いております。

2017年06月13日

遺言書の探し方

遺言書を探す場合、どうすればいいでしょうか?

自筆証書遺言の場合

ただひたすら探さなけれなりません。スピリットでは、遺品整理の基本サービスに大切な物の捜索も行っております。

公正証書遺言の場合

公証役場で、遺言書の検索システムを利用できます。全国どこの公証役場でも大丈夫です。

必要な書類

遺言者の除籍謄本、申請者の戸籍謄本、申請者の写真付きの身分証明書等、印鑑

 

遺言書を検索するだけは、無料です。

閲覧するには200円、謄本を印刷する場合は1枚につき250円です。こちらは、実際に保管されている公証役場で、別途手続が必要です。

2017年06月10日

高齢者の不動産売却

不動産を売却して、生活費にあてようとするなど、高齢者が当事者としてかかわる不動産取引が多くなっています。

売主が高齢者の場合、面談などで正常な判断能力があるかどうか疑いがある。そのような場合、確認する必要があります。

法務局で確認

「登記事項証明書」または「登記されていないことの証明書」の交付を受けて確かめることができます。それらの申請は、本人、その配偶者および4親等内の親族等です。委任状により代理人でも申請可能です。

成年被後見人・被保佐人・被補助人という3つの仕組みがあります。

成年後見

成年後見人は、本人を代理して契約などの法律行為ができます。仮に本人が契約を締結してしまうと、後日その契約は、取り消されることになります。

補佐

不動産の売買などの重要な行為は、保佐人の同意が必要になります。

補助

補助開始の審判に際しては、本人の同意が必要です。補助の審判に際しては、申し立てによって、補助人に、同意権や代理権があたえられます

 

判断能力が低下している方を保護する制度です。

2017年06月08日
» 続きを読む