ニュース一覧

江東区でゴミ屋敷片づけをいたしました。

江東区の分譲マンションで、ゴミ屋敷の片づけをいたしました。

物にあふれた部屋は、転倒して骨折や病気、火災などの危険が増します。

除菌・消臭も同時に行いました。

安心・安全・快適な住まいで、心地いい毎日を送っいただければと思い、作業をさせていただきました。

江東区でゴミ屋敷片付け現場の詳細はコチラ

2017年08月11日

墨田区でゴミ屋敷片づけをいたしました。

スカイツリーの近所で、ゴミ屋敷のかたづけをさせていただきました。

ドアを開けると、便・尿のニオイに何か混ざり合ったニオイがしていました。

通帳やキャッシュカード、重要書類の捜索。

かたづけ、掃除の後に、同じ場所に物を戻してほしい。

壁やドアなどもきれいに掃除してほしい。

ニオイをなんとかしてほしい。というご依頼でした。

床にこびりついた便や尿の痕跡。大量のチヤバネゴキブリ。

注意と配慮が必要な作業でした。

ポリプロピレンの収納ケースを洗浄し、衣類を収納。

四重にも敷き詰めたゴザや敷物をはがし、除菌消臭。CFを貼って、作業終了になりました。

素足で歩けるお部屋になり、喜んでいただきました。

探していたものも見つかりました。ご依頼、誠にありがとうございました。

墨田区でゴミ屋敷かたづけ清掃

2017年07月07日

東京都中央区で孤独死の特殊清掃

トイレで亡くなり、発見まで2か月弱。玄関前まで臭いが漂う状況でした。家財・家電などご遺品はそのままの状態で、特殊清掃のみのご依頼でした。

「植物や花が好きだったんです。」ご遺族さまの言葉には、想い出すような深い悲しみがありました。

きれいに整頓された室内は、沢山のグリーンが置かれ、平穏であった日常がありました。

家財・家電・洋服・カーテンなど、そのままのため、お部屋の消臭・除菌に、日数と時間が必要な現場でした。

無事、お引渡しを終えました。ありがとうございました。故人さまのご冥福をお祈りいたします。

孤独死の特殊清掃とお客さまの声

2017年05月09日

遺品整理士がこころをこめて作ったエンディングノートをプレゼント

「命の終わり」は必ず訪れ、皆が家族や親友、大切な人との最後の別れに遭遇します。

あなたに今もしものことが起きたらどうでしょうか?

私たちは、遺品整理という仕事を通じて、日々【死】を見つめています。死を見つめることは【生きること】であり、人生さえも変える事があります。

エンディングノートに記入することは、自分たちが残された人に託せるもの、日頃から想っている【伝えたい気持ち】を整理することにもつながります。

いつか、命の終わりがやって来た時、色々な人たちへの愛するこころ・感謝の気持ちを伝えるツールとして、ご活用いただければと思っています。

    (発売元 一般社団法人遺品整理士協会)

問い合わせフォームから、住所・お名前・【エンディングノート希望】とご記入ください。ご郵送いたします。

また、無料お見積りのお客さまにも、プレゼントいたしております。

        

2017年02月23日