法定相続人がわかる一覧図を法務局が認証

平成29年5月から、法務局が法定相続人を示す一覧図を認証する制度が開始されました。法定相続情報証明制度。

今までは、亡くなられた方の戸除籍謄本等の束を、相続する各種機関に持っていかなければなりませんでした。

法定相続情報証明で、スムーズに手続を行えます。

法務局が、戸籍を集めてくれる仕組みではありません。

自ら戸籍を集めなければならない点は、従来と同じです。

必ず用意する書類

①亡くなられた方の戸除籍謄本

出生から亡くなるまでの連続した戸籍謄本及び除籍謄本

②亡くなられた方の住民票の除票

③相続人全員の戸籍謄本又は抄本

④申出人(相続人の代表となって、手続を進める方)の氏名・住所を確認することができる公的書類

 

手続の流れ

①相続人が戸籍謄本等を収集。

②収集した戸籍謄本等をもとにして、法定相続人がわかる一覧図を作成し、法務局に提出。

③法務局において、登記官により確認。相続人に対して認証文付の一覧図の写しを交付。(交付手数料はなし)戸籍謄本等は還付され、一覧図は5年間法務局に保管。

④一覧図が戸籍謄本等の代わりとなり、相続人が官公庁、金融機関、保険会社などの手続を円滑に行えます。

 

不動産の相続登記にも、利用できます。相続登記をすることで、権利関係が明確になり、相続した不動産の売却を考えた時、スムーズに売却手続に進めます。

2017年08月16日