タンスから遺言書を見つけたら

あなたが、仏壇やタンスの引き出しから、直筆の遺言書を見つけたら、

「今すぐ開けて、見たい」という思いをじっと我慢して下さい!

 

公正証書で作成された遺言書以外は、家庭裁判所に提出し、検認の手続をしなければなりません。

検認とは、遺言書に書かれている内容を明確にして、その後の偽造・変造を防ぐことです。

遺言書を勝手に開封してしまうと、5万円以下の過料になります。

気をつけましょうね。

うっかり開けてしまったら、遺言書はどうなるの?

遺言の効力や、相続の資格がなくなるわけではありません。

でも、開封しない方がいいですよね。

あいほーむでは、大切な物の捜索も、基本サービスに含まれています。丁寧な仕分けで、ご満足頂いております。

2017年06月13日