相続の放棄はいつ、どのようにすればいいのか?

相続放棄の期限は、3か月です。

いつから3か月かというと、故人が亡くなった日からではなく、自分が相続人であることを知った日から3か月です。

 

どこに申述するのか?

亡くなった方の最後の住所地の家庭裁判所

 

申述に必要な書類?

相続放棄の申述書

被相続人の住民票除票または戸籍附票

申述人(放棄する方)の戸籍謄本

申述人が、被相続人の配偶者の場合は、被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

 

相続放棄の流れは

1.相続放棄申述書・添付書類の提出

2.裁判所からの照会に回答

3.相続放棄が受理される

4.相続放棄受理証明書の交付

 

放棄する方が、配偶者、子または孫、ひ孫、父母、おいめい、の場合により添付書類が変わってきますから、詳しくは裁判所のホームページでご確認できます。

 

あいほーむでは、法律事務所と業務提携をしておりますから、相続のことでわからないことは、信頼できる専門家にご相談ください。

2018年04月26日