不動産を相続登記する方法

相続をして、所有権移転登記をする場合は次の2つの場合があります。

1.法定相続分のとおりに相続した場合

2.遺産分割によって相続した場合

法定相続分のとおりに相続した場合

(1)必要な書類

①登記申請書

②添付書類

・相続が発生したことおよび相続人を特定するための証明書(具体的には、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本等のほか、相続人となる方々の現在の戸籍謄本が必要です)

・相続人全員の住民票の写し

・委任状(代理人が申請する場合)

(2)登記申請手続

相続人全員で申請する。(相続人の一人に手続を委任することもできる。この場合は、委任状が必要)

登記申請書を作成、添付書類をそろえて、土地・建物を管轄する登記所に申請します。

 

(3)相続登記が長年にわたり行われていない場合

例えば、自分の父親が死亡したため、相続登記をしようとしたが、不動産の登記名義が祖父(父親より先に死亡)のままになっていた場合、以下の確認等が必要。

まず、祖父が相続した時点での法定相続人を確認する必要があります。祖父が死亡した際、その子どもである自分の父親が全部の相続分を承継していれば、父親が死亡した時点での相続人だけを考慮すれば大丈夫です。父親のほかに相続人がいた場合(父親の兄弟姉妹等)は、父親とともに相続したことになります。(共同相続)それぞれの持ち分に応じた登記を行う必要があります。(相続人全員の戸籍謄本、住民票の写しの添付)

 

遺産分割協議によって相続した場合

(1)必要書類

①登記申請書

②添付書類

・相続が発生したことおよび相続人を特定するための証明書(具体的には、死亡した方の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本のほか、相続人となる方々の現在の戸籍謄本)

・遺産分割協議書の添付が必要

遺産分割協議書には、申請人以外の他の相続人の印鑑証明が必要です。

・相続人全員の住民票の写し

・委任状(代理人が申請する場合)

 

添付書類に権利証(登記識別情報)はありません。

スピリットでは、司法書士事務所・法律事務所と業務提携しております。

相続が無事完了してから、ゆっくり遺品整理をお考えください。

お電話での遺品整理の問い合わせ・ご予約・ご相談は

0120-313-525 までお気軽にどうぞ。

受付時間 朝9時~夜8時まで。年中無休です。

メールでの受け付けは24時間受付ております。受付後24時間以内に返信いたします。